東京沖縄県人会

写真提供 OCVB

Home

会長挨拶
役員紹介
県人会のあゆみ
会則


県人会からのお知らせ
[編集]


おきなわの声
トピックス
  会長 仲松健雄
 ・朝聞夕録    川平朝清
 [編集]

うんちけーさびら
  関連団体の会と催し情報


入会申込
「おきなわの声」購読申込
問合せ


リンク
東京沖縄県人会青年部
板橋区沖縄県人会
千葉沖縄県人会
糸満郷友会・南山同窓会
関東伊江島城会



管理者のページ
                                                                            
                             令和元年5月26日
                        「平成から新時代令和へ」
                      
                             東京沖縄県人会                                          
                                                           会長 仲松健雄





                                 

 東京沖縄県人会 第61回定期総会・懇親会にご参加いただきましてありがとうござ
います。また常日頃、ご来賓ならびに会員や沖縄関係団体の皆様方に温かいご支援と
ご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

 新元号「令和」が5月1日から施行され新時代が幕開けしました。平成元年がスター
トした1989年1月、当時私はサラリーマンで日々の仕事に追われ、沖縄の事や県人会
とも無縁の存在でしたが、平成12年に独立起業して沖縄出身者や沖縄関係団体の皆様
方と繋がりを持つようになり、沖縄に対する郷愁の念とふるさと貢献の思いが強くな
りました。皆様方におかれましても、平成の30年4カ月は充実した人生を過ごされた
ことと思います。
 沖縄経済は観光業界や建設業界を中心に景気が拡大しています。平成元年、沖縄県
への入域観光客数は267万人でしたが、平成30年度は999万9千人となりました。また、
沖縄県の人口増加率は、東京都に次いで全国第2位、公示地価の全用途上昇率は全国1
位と3年連続で全国最高を記録して、沖縄県は平成30年間で経済成長と共に進化を遂
げています。30年前と比較すると隔世の感を覚えます。しかしながら、基地問題をは
じめ県民所得や子どもの貧困問題・学力問題などの課題も残されています。このよう
な課題に対して沖縄関係諸団体との連携を図りながら問題意識を共有して、会員や関
係者の皆様方のご理解をいただきながら、これらの課題解決にも協力して参ります。
 清らかで美しいの意味を持つ「令」とおだやかで角が立たない、なごやかさを意味
する「和」の組み合わせは、東京沖縄県人会のスローガン「3つのわ ~会員の明るい
輪、楽しい和、交流の環」に相通じるものがあります。会員相互の親睦と交流を図り
ながら「和をもって貴しとなす」の精神で東京沖縄県人会の運営に務めて参ります。
  新しい時代を迎え、気持ちを新たに、夢の実現に向けて会員の皆様と共に歩んで行
きたいと思います。私は「ひとりでみる夢はただの夢、みんなで見る夢は必ず実現す
る」という信念を持っています。

 会員相互の交流と親睦をはかり、平和で豊かな郷土づくりに寄与する当会の目的を
推進しながら、ふるさと貢献のために共に行動しましょう!そして、東京沖縄県人会
の夢の実現に向けて邁進しましょう!
                     
[編集]