東京沖縄県人会

写真提供 OCVB

Home

会長挨拶
役員紹介
県人会のあゆみ
会則


県人会からのお知らせ
[編集]


おきなわの声
トピックス
  会長 仲松健雄
 ・朝聞夕録    川平朝清
 [編集]

うんちけーさびら
  関連団体の会と催し情報


入会申込
「おきなわの声」購読申込
問合せ


リンク
東京沖縄県人会青年部
板橋区沖縄県人会
千葉沖縄県人会
糸満郷友会・南山同窓会
関東伊江島城会



管理者のページ


新年のご挨拶
   
 
繁栄の年に!

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また、平素は当会の事業運営に役員をはじめ会員ならびに関係者の皆様方に、
ご支援ご協力を賜り、心より御礼を申し上げます。
昨年は平成から令和へと元号が変わり、消費税の増税や日中貿易戦争、
日韓関係の悪化等日本を取り巻く環境は大きく変化しました。
沖縄県では、10月31日に県内最大の文化遺産で県民の心のよりどころでもある首里城が焼失し、
大きな衝撃を受けました。首里城を一日でも早く再建復元するために東京沖縄県人会が中心になって、
関東一円の沖縄関係団体に再建支援の協力を呼びかけたところ、300万円弱の支援金が寄せられました。
会員ならびに関係者の皆様方の心温まる浄財に心から御礼を申し上げます。
2020年1月19日(日)にホテルニューオータニで開催します「合同新春のつどい2020」の
席上で沖縄県へ「首里城再建支援金」の贈呈を行います。
会員の皆様方には是非ご参加いただきますようお願い致します。
今年は、56年振りに東京でオリンピックが開催されます。
聖火リレーが3月26日に福島県のJヴィレッジを出発して、
沖縄県では5月2日から3日にかけて14市町村、32Kmを聖火ランナーが走ります。
これからオリンピックの機運がますます高まって行きます。
東京沖縄県人会が主体になって準備を進めている
「東京2020オリンピック・パラリンピック記念沖縄芸能フェスティバル」が、
5月10日に「東京建物ブリリアホール」でいよいよ開幕します。どうぞご期待ください!
今年の十干十二支は、「庚子 (かのえ・ね)」 になります。
60年に一度巡ってくる庚子年は、新しい芽が吹き繁栄が始まる年と言われます。
つまり新築、新規事業や開店などの商売に大きなチャンスが待っているようです。
また、良いことは信じて悪いことは改善する意識を持つと運が開ける年とも言われています。
本年も当会の原点であります「ふるさと貢献」と「沖縄愛」に燃えて、
ふるさと沖縄のために皆様と共に考え行動する年にしたいと思います。
皆様方の益々のご健勝とご繁栄を祈念申し上げます。
                              
                                会長 仲松健雄

                                   

朝聞夕録

1月10日NHK「ドキュメント72時間」放送の「激走400㌔!沖縄本島1周サバイバルラン2019」を観て、
こんな過酷なマラソンが行われているのかと興味深々でした
▼スタートは那覇のユースホステル、制限時間は72時間30台から60台までの68名が参加、
完走したのは5人のみで、1位でゴールした男性の記録は68時間32分、2位が69時間12分15秒でした。
3ヵ所にチェックポイントがあって、ボランティアによる沖縄そばの提供などもありましたが、
ルートに応援の人々がいる訳でもなく孤独な闘いのようでした
▼ガンで胃の3分の2を斬り回復具合を見るという介護保健師、
母の介護疲れから気分転換のためというベイカリーの女性、中学生になった息子に
父親の頑健さを示したいという電気メイカー社員、いわゆるアスリートは一人もいませんでした
▼私はオキナワでのマラソンといえばNAHAマラソンか宮古トライアスロンぐらいしか
知りませんでしたが、「絶景の海を堪能できる沖縄のマラソン大会」のホームページを見てみますと、
1月から8月まででも15市町村で25の各種マラソンが開催されることになっています。
沖縄はまさにグッドスポーツアイランドなのです。  (川平朝清)  
[編集]