東京沖縄県人会 第9代会長

仲松健雄

「沖縄愛に燃えて」

 

東京沖縄県人会は、昭和31(1956)年9月9日浅草公会堂で結成され、創立64周年を迎えます。当時の沖縄は、「プライス勧告」に反対する「島ぐるみ闘争」の最中で、東京にいるウチナーンチュもふるさとのために貢献しようという趣旨で発足しました。初代会長に神山政良氏が就任され、第8代会長 渡久山長輝氏(現名誉会長)まで、歴代会長ならびに諸先輩方の並々ならぬご努力と沖縄愛により、輝かしい功績を残されました。諸先輩方が築き上げた64年の歴史の重みと功績をかみしめながら、「ふるさと貢献」と「沖縄愛」の精神を継承して参ります。

沖縄県には、全国が注目する「辺野古新基地建設問題」をはじめ「子どもの貧困問題」や「学力問題」、昨年焼失した「首里城再建復元」などの課題が山積しています。東京沖縄県人会は、沖縄関係諸団体と連携を図りながら問題意識を共有して、会員や関係者の皆様方のご理解をいただきこれらの課題解決に向けて努力して参ります。

令和元年度 活動方針で特に力点を置きたいことは、「組織の拡大強化と財政基盤の確立」です。当会が、未来永劫安定的に発展するためには、財政が安定していなければなりません。重点項目であります「会員増強アクションプラン500」を推進して会員数500名を実現することにより、財政の安定化を目指したいと思います。

また、東京オリンピック・パラリンピック記念事業の一環として、「東京2020オリンピック・パラリンピック記念沖縄芸能フェスティバル」を開催します。第1部は「琉球舞踊」・第2部は「人間国宝」・第3部は「現代版組踊・沖縄ポップス」です。本フェスティバルを展開することにより、東京沖縄県人会の知名度を高め、琉球芸能の新たなファンづくりを目指して会員拡大にも繋げていきます。

会員相互の交流と親睦をはかり、平和で豊かな郷土づくりに寄与する当会の目的を推進しながら、スローガンで定めた三つの“わ”「会員の明るい輪、楽しい和、交流の環」を心がけて、ふるさと貢献のために皆様と共に行動して活気に満ちた東京沖縄県人会づくりに邁進します!

 

 


「新年のご挨拶」

会長 仲松健雄

繁栄の年に!

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
また、平素は当会の事業運営に役員をはじめ会員ならびに関係者の皆様方に、ご支援ご協力を賜り、心より御礼を申し上げます。
昨年は平成から令和へと元号が変わり、消費税の増税や日中貿易戦争、日韓関係の悪化等日本を取り巻く環境は大きく変化しました。
沖縄県では、10月31日に県内最大の文化遺産で県民の心のよりどころでもある首里城が焼失し、大きな衝撃を受けました。首里城を一日でも早く再建復元するために東京沖縄県人会が中心になって、関東一円の沖縄関係団体に再建支援の協力を呼びかけたところ、300万円弱の支援金が寄せられました。会員ならびに関係者の皆様方の心温まる浄財に心から御礼を申し上げます。
2020年1月19日(日)にホテルニューオータニで開催します「合同新春のつどい2020」の
席上で沖縄県へ「首里城再建支援金」の贈呈を行います。会員の皆様方には是非ご参加いただきますようお願い致します。
今年は、56年振りに東京でオリンピックが開催されます。聖火リレーが3月26日に福島県のJヴィレッジを出発して、沖縄県では5月2日から3日にかけて14市町村、32Kmを聖火ランナーが走ります。これからオリンピックの機運がますます高まって行きます。東京沖縄県人会が主体になって準備を進めている「東京2020オリンピック・パラリンピック記念沖縄芸能フェスティバル」が、5月10日に「東京建物ブリリアホール」でいよいよ開幕します。どうぞご期待ください!
今年の十干十二支は、「庚子 (かのえ・ね)」 になります。60年に一度巡ってくる庚子年は、新しい芽が吹き繁栄が始まる年と言われます。つまり新築、新規事業や開店などの商売に大きなチャンスが待っているようです。また、良いことは信じて悪いことは改善する意識を持つと運が開ける年とも言われています。本年も当会の原点であります「ふるさと貢献」と「沖縄愛」に燃えて、ふるさと沖縄のために皆様と共に考え行動する年にしたいと思います。
皆様方の益々のご健勝とご繁栄を祈念申し上げます。

 

 


「平成から新時代令和へ」

東京沖縄県人会 

会長 仲松健雄

 新元号「令和」が5月1日から施行され新時代が幕開けしました。

平成元年がスタートした1989年1月、当時私はサラリーマンで日々の仕事に追われ、沖縄の事や県人会とも無縁の存在でしたが、平成12年に独立起業して沖縄出身者や沖縄関係団体の皆様方と繋がりを持つようになり、沖縄に対する郷愁の念とふるさと貢献の思いが強くなりました。皆様方におかれましても、平成の30年4カ月は充実した人生を過ごされたことと思います。
 沖縄経済は観光業界や建設業界を中心に景気が拡大しています。平成元年、沖縄県への入域観光客数は267万人でしたが、平成30年度は999万9千人となりました。

また、沖縄県の人口増加率は、東京都に次いで全国第2位、公示地価の全用途上昇率は全国1位と3年連続で全国最高を記録して、沖縄県は平成30年間で経済成長と共に進化を遂げています。

30年前と比較すると隔世の感を覚えます。しかしながら、基地問題をはじめ県民所得や子どもの貧困問題・学力問題などの課題も残されています。

このような課題に対して沖縄関係諸団体との連携を図りながら問題意識を共有して、会員や関係者の皆様方のご理解をいただきながら、これらの課題解決にも協力して参ります。

清らかで美しいの意味を持つ「令」とおだやかで角が立たない、なごやかさを意味する「和」の組み合わせは、東京沖縄県人会のスローガン「3つのわ ~会員の明るい輪、楽しい和、交流の環」に相通じるものがあります。会員相互の親睦と交流を図りながら「和をもって貴しとなす」の精神で東京沖縄県人会の運営に務めて参ります。

新しい時代を迎え、気持ちを新たに、夢の実現に向けて会員の皆様と共に歩んで行きたいと思います。私は「ひとりでみる夢はただの夢、みんなで見る夢は必ず実現する」という信念を持っています。

 会員相互の交流と親睦をはかり、平和で豊かな郷土づくりに寄与する当会の目的を推進しながら、ふるさと貢献のために共に行動しましょう!そして、東京沖縄県人会の夢の実現に向けて邁進しましょう!